Loading…
 

【LIVE REPORT】8月26日ウクレレ<8>オーガスト!

Posted by elli on 27.2017 ありがとう! 0 comments
21077351_1358866940897607_8119003318294803087_n.jpg

昨日は、eknのウクレレ<8>オーガスト。ようこそおいでくださいました。
結成から14年。
来年は15年。
この1年で新しいアルバムの曲作りやレコーディングをして、来年のウクレレ<8>オーガスト2018に皆さまにお届けできるよう、がんばりますます。

さて、昨日の原宿はスーパーよさこいの開催日。
車も通れない所があったり、人が多かったりで大変だよ〜、という告知をしてたのですが、それがぶっ飛ぶような、まさかの事態!薫さんの車が途中白煙が上がって、走行不能連絡!
きゃ〜〜。
でも、無事にラドンナにも到着!
リハーサルも出来て、ほっとしました〜。

さて、ライブは始まっちゃえば、ライブの神様がぐいぐいと進めてくれます。
1曲目はノリィーのオクトカホンから。
8角形をしたおっしゃれなカホンです。
ロックのリズムですでにアンコールかのような手拍子。
歌いながら、幸せだな〜、
ずっとやってきて良かった〜。なんて思ってました。

2曲目はkatzくんも東京ブギウギ。
こういう跳ねるリズムは楽しいね〜。

その後、早くもメンバー一人一人のコーナー。

まずは、私です。
この2年間に2回も行った母島の話や、私のタマナウクレレの木がどこから来たのか、とかの話をね。
タマナの木は、本当に素敵な音で、柔らかく、しっかり私の声を支えてくれてます。
今年、母島で裁断されたタマナも、松本に送られ、私のウクレレと兄弟姉妹のウクレレがまた生まれてくる予定です。
そんな小笠原に行く時は必ずおがさわら丸の船の中で聞く、「レモン林」。
私のコーナーでは、それをやりました。
ウクレレのレッスンでもやってるこの曲。
皆、歌えるようになって欲しいな〜。

そのあと、katzくんの「君がいなくても」。
改めて、これ、歌詞、泣ける〜〜〜!
メロディーとのマッチングが半端ないです。
我ながら、いい歌詞書いたな〜と、感動。
ウクレレ1本でkatzくんが歌う「君がいなくても」。
よかった〜。

そして、お笑い担当のnoryコーナー。
ここでは、スティングの名曲「Every Breath You Take」をnorのストーカー訳で。
最後に、elli+katzの美しいコーラスが、余計に笑いを誘います。

その後の「ラムのラブソング」では、皆にうっふんをせがみ、
noryの「ONLY TOU」ではうっふん繋がりでnoryが身悶え、
「南の島のココナッツ」で、前半終了です。

が!
ここで、ウクレレレッスンコーナー!
「みんながみんな英雄」かなりショーバージョンで譜面作りました。
皆、出来たかな〜?

休憩を挟んで、後半は、ゲストのtamamixから!
久しぶりに「プカプカ」を聞けて嬉しかったな〜。
後半は、eknとのコラボで「まちの居酒屋」「平行線のゆらぎ」。
どちらも、たまちゃんらしい曲でした。
いつまでも聞いていたい、たまちゃんライブでしたね。

後半は、メンバー、伊藤薫と近藤洋史も招き入れて、
ドボルザークの「ユーモレスク」に歌詞をつけたもの。
タイトルは「eknのカレーの時間」。
もう、これ、素晴らしすぎます。
次回のアルバムに入れちゃいたい!

さて、そこから、katzくんの「Do You ?」の発売記念のシーンです。
おしゃれな「チューリップ」や超かっちょいいリズムパターンの「おもちゃのマーチ」
年齢関係なく、皆で聞いて欲しいぞ〜〜〜〜〜!かっちょいいぞ〜〜〜!

その後は、ちょっとゆっくりめのテンポで「ひつじ雲」
バンドでやると、また、新しい感覚。
そして、eknのオリジナル「溜息LOTUS」で、ビートがかなりグルーブしてます。
気持ちいいな〜。
そして、昨今eknの持ち歌のようになってきた「ラジオスターの悲劇」
それから、何年か前に私が日本語詞をつけた「ボラーレ!」
その頃には、もう、ね、最高な気持ちになっちゃいましたね!
皆、一緒に歌ってくれてありがとう〜〜!

最後は、この曲。
「I LOVE YOU」
これを歌うと、ああ、もう終わっちゃうんだな〜、って切なくなります。
来てくれた全ての人たちに愛を込めて歌います。
出会えて、良かったという気持ちをいっぱいにしてね。

アンコールは、tamaちゃんも一緒に「おへそのきもち」。
ちゅるる、ちゅるる、ちゅるる、らんらんらん。
歌ってくれてありがとう。

14年は、本当に早くて、びっくりです。
14年間、変わらないこと。
それは、楽しむことを忘れない、っていうことだけです。
どんなに心も体も大変でも、
下手でも上手くても、
楽しむことさえ忘れなければ、いいのです。
そして、その時その時、誰かが力を落としていたら、誰かが補えばいいのです。
それも楽しいことの一つ。
そこから見つかることもあります。

これからも、そんなeknをよろしくね。

さて、来年に向けて、がんばるぞ〜〜!!

21032806_1358866944230940_8335835811924555283_n.jpg

ありがとうございました!!!

タマーニャ里帰りツアー2017

Posted by elli on 21.2017 ありがとう! 1 comments
IMG_4989.jpg

今年の小笠原へのタマナウクレレで巡る旅は、6月2日(金)〜7日(水)でした。
東京、竹芝桟橋を11時に出航したおがさわら丸は、24時間かけて、まず、父島に着きます。
そして、父島で、ははじま丸に乗り換えて2時間かけて母島に着きます。
父島での待ち時間を入れて、27時間。
ほとんどの人が時間がかかりすぎると言います。
私も、昨年初めて母島へ行くと決めた時は、すごく覚悟を決めて家をでました。
昨年は嵐の中の出航だったので、余計にですが、、、。
でも、今年は、早かった〜。

今年は素晴らしい天気の中での出航になりました!

IMG_4983.jpg

昨年4名での旅が、今年は6名。
みな、はしゃいでいます。
初めての二人はもちろんですが、
青空の下、みな、昨年新しくなった真っ白く美しいおがさわら丸に大興奮です。
デッキに陣取りワインや持参したパンやつまみで宴会。
レインボーブリッジの下をくぐりながら、ああ、今年も行くんだな、と。

18813350_1028139100656126_8662350050944826495_n.jpeg


夕食の時間の頃からちょっと揺れましたが、
昨年のキビシイ揺れを考えると、まったく大丈夫。
夜はあっという間に来て、すぐ朝です。

が、今回は、天気予報どおり、曇りか雨。。。
ちょっと前まで、雨が降らずに水不足で困ってた小笠原ですが、
あっという間に、もう、水はいらない!ってくらいな雨模様。

3日の11時父島到着。
二見港では、5日にライブをするボニーナのみどりさんが待っていてくれました。
車を出していただいてお弁当をピックアップして、はは丸に乗ります。
はは丸も昨年新しくなって、とってもきれい。
でも、ひたすら雨〜。

しか〜し!
母島に着いた時、急に雲が晴れ、太陽が差し込み、
素晴らしく晴れ渡りました。
母島が私たちの到着を喜んでくれてるように。
そして、沖港では、みなの名前の入った横断幕で迎えられました。

18740265_1028139113989458_2959046466042653935_n.jpeg

泣きそうに感動するよ〜。

今回も「ペンションひなた」にお世話になりました。
荷物をほどいて、小一時間したら、夜のライブ会場「ルシエル」へ。

IMG_5028s.jpg

ルシエルの前にあるタマナの木が、間違った情報のために切られてしまった2年前から、
私の母島への旅の物語ははじまりました。
そのタマナの木で作られた私のウクレレ「タマーニャ」の里帰りツアー2回目。
今回もタマナの切り株にタマーニャを。

IMG_5031s.jpg

また帰ってこれてよかったね。

ルシエルでのライブは、歌あり、フラあり、レッスンあり、タマナ5の演奏あり、の充実の一夜。

18740454_1028139207322782_4746149760658991024_n.jpeg

04-IMGP9264s.jpg

いつも暖かく迎えてくれる母島のみなさん、本当にありがとう!
PAのビッチさん、そして、ルシエル、ありがとう!

IMGP9323s.jpg

翌日は、母島で切られたまま捨てられてるタマナをどう裁断したら、ウクレレ製作に使えるか、の木取り講習会。
ちょいと山に入ったところにある資材置き場のような所にタマナの丸太が転がってるということで、行きました。

IMG_5056s.jpg

母島の男前なメンバーが高橋さんの説明を聞きながら、チェーンソウで裁断していきます。

IMG_5046s.jpg

あいにくの雨模様ですが、ウクレレ製作の本当の第一歩を目撃できるなんて、めっちゃラッキーなこと。

IMG_5071s.jpg

18987635_1314838258623918_1805450587_o.jpeg

そして、後日分かったのですが、そこに捨てられてたタマナは、ルシエルで切られた、あのタマナでした。
大きな木だったからね。
切られたタマナは多少母島で水分を抜いたら、松本に送られます。
タマーニャの兄弟ウクレレが、また出来ちゃうね。
夜は母島最後の宴会@ひなた。

IMG_5079s.jpg

ノブさんが獲った大量の伊勢海老、餃子、島トマト、野菜の煮炒め、、、。

IMG_5085s.jpg

雨でも、それがまるで気にならないくらい、明るい気持ちで過ごせた母島時間でした。

IMGP9114s.jpg

こにちゃん、たえちゃんには、いつもながら、本当にお世話になりました。
それからルシエルの洋子さん、ひなたのノブさん、
本当にありがとうございました!

IMG_5104s.jpg

〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜

5日は、母島から父島へ。
父島のボニーナのみどりさんには、昨年からボニーナでライブをやることを約束してました。
素敵な大きな葉っぱをステージやマイクに飾っていただいて、ありがとう。

08-IMGP0044-1s.jpg

それから、美しいレイも作っていただきました。

IMGP0002-1s.jpg

一挙に華やかになっちゃう。

ライブは、マウイワルツから。ゆったり始まりました。
途中、みどりさんとの素敵なユニットの演奏
それから高橋さんにも出てきてもらって、父島の害樹といわれているアカギで作ったウクレレを紹介してもらいました。
タマナとともに人間の都合で植えられて、今は害樹と言われるアカギも、ウクレレにすると、素晴らしい音なんです。
それを皆に知って欲しいという高橋さんの気持ちのこもったアカギのウクレレ。

05-〇IMGP0036-1s

父島のハートロックヴィレッジに置いてあるそうですよ。
弾きに行ってみてね。
途中、素敵なフラも踊ってもらいながらのカノホナピリカイも気持ちよかった〜。
ボニーナ、ありがとう!

011-IMGP0072s.jpg

ご飯も、美味しかった〜。

翌日6日は帰る日です。
午前中は、雨なのでダイビングは諦めて、
Nose's Farm Gardenのコーヒーツアーへ。

IMG_5146s.jpg

コーヒーファームを見に行ったり、チェリーという赤くなったコーヒービーンを摘んだり、
コーヒーの歴史を聞いたり、チェリーをむいたり、ビーンにする過程を知ったり、
それを焙煎して、淹れて、素晴らしい景色の中飲んだり。

IMG_5163s.jpg

この旅の最後にふさわしく雲間から差し込む日差しに、濡れた父島の原生林が輝いていました。
感謝しか浮かばない気持ち。

http://www.ne.jp/asahi/bonin/island/

お昼は、お寿司やでウミガメの卵も食べました。
食べた途端、体がほかほか暖かくなって、びっくり。

そして、名残惜しいけど、荷物をまとめて、二見港へ。
ここでもお花で編んだレイをいただきます。
このレイは船が出るとき海に投げます。

それがまた島に帰っていくように、また帰ってこれますように、の願いも込めて。
力一杯投げたけど、すぐ下に落ちちゃった。
でも大丈夫、きっと大丈夫。
この時間は、いつも泣いちゃうな〜。

海の夕暮れ。
大きなリスと小さなリス。
雲は、見飽きない。

IMG_5185s.jpg

帰りの船では、散々UNOで楽しみ、
行きより、さらにあっという間に竹芝桟橋でした。
雨の日々だったけど、なんだかとっても楽しかった〜。
心は、いつも晴れていました。

来年も、なんとなく6月の中旬くらいを考えています。
来年はいく!という人がもう、何人か居ます。
少しづつ増えるタマーニャ里帰りツアー。
今から楽しみです!








土曜日は「ELLISのLOVE SONGS」でした!

Posted by elli on 19.2017 ありがとう! 0 comments
010-〇IMGP3064S

003-〇IMGP3050S

002-〇IMGP2975S

土曜日のライブは、「ELLISのLOVE SONGS」。
北は北海道、南は九州まで日本中からいろんな想いを持って来ていただきました。
名古屋方面からは深夜バスで帰って行った人。
湘南方面からは終電ギリギリで帰って行った人、忙しい中、昔の友達と一緒に来てくれた人、
そして、ELLISの2枚目のアルバム「きっと、せつない」でお世話に成ったエンジニアの方や、
事務所のデスクだった人、FMでお世話になった方、
ELLIS以降出会って私elliの歌を気に入ってくれてELLISを知った方、カラオケで時々歌っちゃう方、
満員御礼の中、ライブは始まりました。

歌い出した途端、1曲目の「まるでタイムトラベル」の歌詞のまま、27年前の自分に立ち返っていました。
当時は、私とこんちゃんとで、日々作品作りばかりしていました。
1つのアルバム用に、5倍以上の曲を書き続けてた。
1日中、言葉を探し続け、夜寝てても、思いついた言葉を、枕元のノートに書き続けていました。
苦しくて悲しくて悔しくて、いつも逃げ出したい気持ちでいっぱいだったあの頃が、今は、とっても貴重な大事な時間だったと分かります。

胸にフックをかけるような、ちょっと痛い言葉を隠したELLISの曲たちは、きっと来てくれた人たちの胸に深く住み着いたんだと思う。
ごめんよ。痛い思いさせてさ。
でも、人は時々その痛みを共有することで癒されることがあるんだと思う。
そう思いたい。

ライブ終わったら、そこそこ時間が経ってたのに、まるで15分くらいの感じだった。
まるでタイムトラベルだったね。

このメンバーで、またね。
来年かな。
次回は歌ってっていう曲、いっぱいリクエストされちゃった。

<セットリスト>

1st stage
1. まるでタイムトラベル
2. 渚にて
3. 千の夜と一つの朝
4. 屋上のコンフェッション
5. 一滴の青いTokyo
6. ハートには逆らえない
7. Childhood

2nd stage
1. Metro
2. 雨にぬれて
3. 何もしてあげられない
4. 道〜la strada
5. APOLOGY
6. ROSE
7. 裸足のヴィーナス
8. 4 Summers

encore
Pure Song

photos by MIKI SAITO

ZEBRA ONE のちょっとクリスマス LIVE@沼津SMOKEライブレポ!

Posted by elli on 15.2016 ありがとう! 0 comments
12月11日(日)は沼津SMOKEでのZEBRA ONEライブでした〜。

今回は、メンバーと機材を積み込んで、近藤号で一路沼津へGO!
最近、こういう旅は少なくなったので、なんだか遠足みたいです。
ギター、ベース、コンガ、ボンゴ、キーボード、キーボードスタンド、ウクレレ、マイクスタンド、、、。
あと、でかい男3名と私です。
途中、一瞬富士山見えたんですが、すぐに雲がかぶさってしまった〜。

15494125_1185016021577334_148387613_n.jpeg

でも、それでも美しい富士山に、テンションアップです。

沼津までは、もっと遠いとおもいきや、2時間ほどで到着!
漁港の方で金目の干物を食べてから、SMOKE入りです。

SMOKEは燻製が売りの素敵なバーです。
時々、ライブも行っているようです。

この3人も、店にぴったりはまっております。
左からvo,guitar,piano 鈴木雄大、percussion Mac清水、bass 近藤洋史。
この人たち、本当に素敵な音を紡いでくれるんです。

15338680_1185077941571142_7613716063994777737_n.jpeg

今回は時間があるのでゆっくりセッティング。
店にあるピアノが使えることが判明!
一応キーボードも持ってきたのだけどね。
やっぱりピアノがいいよね。

15349620_1185222228223380_5301468950871808538_n.jpeg

何もなかった部屋の片隅が機材でステージになっていきます。

そして、はじまりはじまり〜〜!
久しぶりーー!!沼津ーーー!!

Stage1_10.jpg

この15分後くらいに、私、POTAPOTA なことをしでかしてる事が判明。
衣装の上に羽織ってたカーディガンを脱がずにライブやってました。
とほほ。
まあ、暖かいのは歌うにはとってもいいんだけどね。

セットリストは下記。

<1st stage>
1 流れ星の夜
2 オレンジ
3 ポタポタ
4 Splash !
5 名前
6 私からの手紙
7 毎日

<2nd stage>
1 White Christmas〜千の夜と一つの朝
2 もし僕が消えても
3 LIFE IS BEAUTIFUL
4 ファイナルバレンタイン
5 Refrain
6 シンデレラドリーム
7 冷蔵庫が小さくうなる夜
8 フラワーチャイルド

encore
#1ピアスを探して
#2 Jingle Bell Rock

今回の沼津ライブは、初めてZEBRA ONEを見てくれる人がいっぱいのライブでした。
みなさん、楽しんでいただけたようで、
何より嬉しかったーー。
本当にありがとうございます。
このライブを次回につなげたい、と心から思います。

次回はアルバム持って、くるよ〜〜〜!


企画してくれたサワコさん、
SMOKEの浩美さん、
PAを貸してくれた横ピーこと横井くん、
機材運びから受付までこまごまと手伝ってくれたちぃち。
本当にありがとうございました!!

またね!沼津!!

12月3日〜4日関西ツアーライブレポート

Posted by elli on 08.2016 ありがとう! 1 comments
12月3日〜4日はデイジー☆どぶゆきくんと「DOUBLE VOICES」関西ツアーでした。

3日は新幹線で午後、大阪入り。
新大阪でピックアップしてもらって布施Rabbitsへ!

何だかただいま〜〜って感じ。
すぐデイジーも到着して、セッティング。
あれこれチェックして、プリアンプを変えたほうがいい事が判明。
いのまっくすのL.R.Baggsを借りてのライブでした。
ありがとう〜!
そろそろ魚男のプリアンプとさよならかな〜。(涙)
この日は、シャツにネクタイと、デイジーくんに寄せた衣装でやってみた。

15317772_1166438630106904_6807193648122926536_n.jpeg


翌日は午後時から岡本Tuoliでのライブ。
Tuoliはフィンランド語で椅子のこと。
おしゃれな北欧のお部屋に遊びに行ったようなお店です。
ここの鹿肉のカレーは最高に美味しい!!
また食べた〜〜い!
あと、部屋の鳴りが自然に響くいいお店でした。

15267880_1175658812513055_1689409254083762275_n.jpeg

窓から見える隣の窓や屋根が、ヨーロッパみたいで、
岡本の街自体が素敵なんだな、と。
Tuoliさんお世話になりました。

夜は、南森町のワーズカフェ。

15327292_1176014222477514_7769485733527694709_n.jpeg

ここに来ると、一人ライブ「うくうる」を始めた時のことを何度も思い出す。

15253425_1166438613440239_7150400241322063016_n.jpeg

めっちゃ心もとない演奏の私を、皆が受け止めてくれて、
何だか泣きそうになるくらい嬉しかった。
そして、3年目の今年も、変わらず暖かく迎えてくれるマスターたけちゃんとママ。
ありがとう!

今回のセットリスト、アップな曲とスローな曲しかなくて、かなりアップダウンの激しい内容でした。
大笑〜号泣〜爆笑〜号泣、みたいな。
でも、なんだかとってもいいライブでした。
今回の「DOUBLE VOICES」関西ツアーで、新しくやりたい事、ある?ってデイジーくんに聞いたら、
まず、ハワイアンの「Hawaiian Soul」という曲がやりたいとメールが。
これもまた、美しい曲なんだよね〜。
で、すごくシンプルなんだけど、その分、すごく難しい。
これからもどんどん歌って、もっと自分の歌にしたいな。
それから、もう一つリクエストが。
それは、詩の朗読をやりませんか?ということ。
クリスマスにも繋がる詩が出来たらいいな、と早速机に向かったら、
以前作った小さな言葉のモチーフがあって、
それが糸口になって、ポロポロと編み上がりました。
「メリークリスマス」という詩です。
ウクレレの即興演奏の上でのポエトリーリーディング。
でも、それも素敵な時間になりました。

セットリストは毎回少しづつ変わって、
最後に落ち着いたのが下記のセットリスト。
ワーズカフェで完成した感じ。
「渚にて」で、潮騒が聞こえてきた時には、本当に感動しました。
いのまっくす、ありがとう〜!

今回で、またまたバージョンアップした「DOUBLE VOICES」。
デイジーくんとの演奏は本当に気持ちがいいね。
その時その時、気まぐれに変化してく私に、にんまり笑いながらついてきてくれる。
初めてやった時より2回りも3回りも大きくなって、私を感動させてくれるデイジーくんに感謝。

このライブは、すごくいいよ。
今回来れなかった方も、次回は、ぜひ!


set list

1st stage
1 MAUI WALTZ
2 雨に濡れて
3 南の島のココナッツ
4 渚にて
5 スパイス☆マジック
6 Hawaiian Soul
7 ひこうきぐも

2nd stage
1 ホワイトクリスマス
2 千の夜と一つの朝
3 魔法のブーツ
4 パジャマパーティー
5 メリークリスマス(ポエトリーリーディング)
6 ヘイワノカケラ〜ひとつしかないもの
7 LA ISLA BONITA
8 VOICES
9 ひつじ雲

encore
ALOHA TO YOU
レレ・ハッピーディ






  

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード