Loading…
 

宮古への旅(2014.12/12〜14)

Posted by elli on 25.2014 ありがとう! 2 comments
<1日目>

うちを朝6時に出て盛岡へ。
そこから車で2時間かけて山越え。
宮古に行ってきました。

ウクレレサポート協会のやまじさんから宮古の話を聞いてから、
一度行ってみたい、と思ってた宮古。
彼女の実家も津波で流されました。
なかなか報道もされない宮古への想いを彼女から聞いて、
私も現地に行って感じることで、出来る事の1歩を踏み出せたら、と思ってました。

それが一気に現実になったのは、もう11月入ってから。
宮古のライブハウス、カントリーズカフェ
西が丘地区センター
宮古第二中学校グラウンド仮設住宅
の3ヶ所を回る計画です。

さて12月12日、盛岡で車に乗せてもらって、
山越えです。
雪です。

stage

道はちょっと凍結してる場所もありましたが、
何とかクリア!
山を抜けて雪がなくなった頃、
宮古に到着。

早速やまじさんの故郷、蛸の浜へ。

IMG_0483s.jpg

本当に美しい海です。
子供の頃は、ウニを岩陰でこっそり食べたりした浜。
白い防波堤の一つが津波で手前に動いています。

katzkun

その蛸の浜を見下ろす高台から見下ろした蛸の浜町。

katzkun

緑の帯が張り巡らされてる平地の部分は、全て流された所です。
この写真を撮った高台を波は越えていきました。
そして、町の向こうにある漁港からの波と両側から挟まれてしまいました。
自然は、とてつもない力で押し寄せるのです。
人が考えもしないような力で。

その後、お昼を食べに浄土ヶ浜へ。

IMG_0488s.jpg

誰もいない浄土ヶ浜。
美しく整備されていました。
浄土ヶ浜の看板は、津波に流されたのですが、
新しい看板を付ける前日に見つかったそうです。
帰ってきたんだね。
おかえり。

IMG_0506s.jpg

お昼は、海鮮お茶漬けを。

e&k

美味しかった!

さて、いよいよ浄土浜旅館にチェックイン。
ここも浄土浜のそばにあった旅館ですが流されて、今は、宮古駅のそばに再建されています。
若女将のちはるちゃんが、頑張ってます。
そこでちょっと休憩して、いよいよカントリーズカフェへ。
マスター伊藤さんの手作りの暖かいお店です。

IMG_0512s.jpg

薪ストーブののそば暖かい場所です。
本番前に飲んだゴマきなこミルク。
美味しかった。

ライブはやまじさんのMCから♪
今回は「サウンドカフェ おらくにおでんせ Vol.ZERO」
来年から始まる「サウンドカフェ おらくにおでんせ」名義でのライブのゼロ回目のライブです。

おらくにおでんせ2014-12

「おでんせ」は、「おいでください」の意味。
あたたかい方言を音楽と繋ぎ合わせた造語です。
やまじさんのこのイベントが人々を暖かく繋げて行く場になればいいね。
心から祈ります。

ライブはオープンマイクからはじまります。

トップバッターは、やまじさんから。
そして、宮古のソウルシンガーみほこさん。
やまじさんの活動に寄り添うようにやってきてくれる坂下さんは、マスターとカントリーバンドをやってたお方。
坂下さんのお友達もウクレレ持って駆けつけてくれました。

そして、ウクレレ体験コーナ〜!
今回は「きよしこの夜」。
なるべく簡単なコードでね。
津波でウクレレを流されてしまったという人も居ました。
レッスンの間も、誰より仕合せそうに弾いていました。
楽しい楽しいと。
ウクレレサポート協会からのプレゼントとしてウクレレお渡ししました。
ウクレレで皆が元気になる活動の一部を担ってくれるようになってもらえたらいいね。

その後は私elliのソロライブ〜。

1622489_339522846219722_5439717810074949359_o.jpg

オリジナルやカバー和洋楽おりまぜての40分。
皆、楽しんでもらえてたら嬉しいな。

ライブが終わって皆で外に出た時、空を見上げたら、宝石箱のような夜空が広がってました。
オリオンなんか、三ツ星の左下の青雲がキラキラと輝いてみえました。
めっちゃキレイな星〜!と皆で見上げた空から、大きな流れ星がしゅるしゅると落ちていきました。
そして、少し小さい流れ星がもう一つ。
そこに居た人は、何だか一つに結ばれてるような気持ち。
美しい何かがみんなの心に落ちて来たんだね。

<2日目>

午前中も、行ける所はみな行くぞ!と、田老地区へ。
仮設のショッピングモールです。たろちゃんハウス

IMG_0632s.jpg

今が季節の荒巻鮭が干されています。
この中にある何でも屋さんの店主のひでちゃんにご挨拶。
その後、しあわせ牧場でまったり。

IMG_0591s.jpg

ジャージー牛くんは美形です。
自由な牛くんたち。気持ちいい空気。

IMG_0521s.jpg

番犬のポンタくん、美香子さんと嬉しそう!

そして、今日のメインイベント会場、西が丘地区センターへ。

前日のカントリーズカフェのマスターがPA機材の用意をしてくれました。
自然なリバーブが美しい素晴らしい会場でした。
マスター、ありがとう!
それから、クリスマスの飾り付けや椅子のセッティング、その上、中村家の皆を連れて来てくれた美香子さん、
ありがとう!
そして、午前中からあちこちつきあってくれた牛乳屋さんでカメラマン澤田さん。
ありがとう。
そして今回のオープニングでは、浄土ヶ浜旅館若女将のちはるちゃんが、超忙しい中、
やまじさんと宮古弁の「涙そうそう」を歌ってくれました。

10869543_339522962886377_6821895379660560827_o.jpg

ありがとう。

そして、私のライブ。

10688059_339522679553072_2837983656818312317_o.jpg

年配の方々にも楽しんでいただけるよう、
「ダイアナ」や「小さな竹の橋で」、「川の流れのように」等懐かしい曲をいっぱい。

10862481_339523036219703_1885160993761650672_o.jpg

何だか幸せな空気。

10848539_339523056219701_5814842136260144603_o.jpg

皆大変な生活してるのに、CDも買っていただきました。
うれしいなあ。

そして下の写真が今回のイベントを盛り上げてくれた素晴らしい仲間達です。
これからも、長い付き合いになりな素敵なひとたちです〜♪

1213-nishigaoka-team.jpg

全て終わったら遅いお昼。
美香子さんが住んでる仮設住宅の集会所でお弁当を食べることに。
その前に市場に連れて行ってもらった。
やまじさんが買ったいくらや数の子をお弁当と一緒にいただきました。

IMG_0652s.jpg

ぷりぷりだあ〜。
ご飯にのせても、ころころ転がっていっちゃう。
美味しかったーー。

この日は、翌日の用意や下見を兼ねて、宮古第二中学校グラウンド仮設住宅へ。
ここのリーダー中島さんと彼が育ててるお花談義。
つぼみがいっぱいのシンビジウム。もう少しで咲きそうです。

<3日目>

何と選挙の日です。
宮古第二中学校グラウンド仮設住宅の集会所。
セッティングしながら、中島さんがコーヒー豆を挽いて淹れてくれた美味しいコーヒーをいただきます。

1979219_339523476219659_6393712543780252851_o.jpg

ライブにもたくさんの人達が集まってくれました。
声かけしていただいた中島さんに感謝です。

今回もやまじさんの「涙そうそう」からはじまります。
宮古弁の「涙そうそう」、私も歌えるようになりたいなあ。
そしてウクレレ体験コーナー。
お婆ちゃん達、頑張りました。

そして、今回のツアー最後のライブです。

10869460_339523332886340_4548497838005015520_o.jpg

このライブ終わって、中島さんの言葉で、今回の宮古への旅、本当に来て良かったと思った。
「すーっと終わらずに聞いていたかったよ。」と。
最高に素晴らしいご褒美です。

そして、気が付いたらシンビジウム、咲き始めてました。
片付けの終わった集会所でもう一度中島さんのコーヒーを飲みながらまったり。

10497450_339522746219732_8373778296031305990_o.jpg

3日目もマスターにPA機材を用意していただきました。
マスターも曲を覚えてくれたようで、曲によって、リバーブを深くしてくれたり。
なにげにいろいろやっていただきました。すばらしいなあ。

10862468_339523632886310_7969784863400026612_o.jpg

きれいな写真は澤田さんが撮ってくれたもの。
ありがとう!

10382730_744837925594246_3867874969684272989_n.jpg

そして、美香子さん、楓ちゃん、ありがとう!


東北の震災から3年半以上が過ぎました。
一部の観光名所はきれいになって来ていますが、未だに仮設住宅での生活の人は沢山居ます。
少しづつ前を向けるようになって来た人も居ます。
子供が住む別の県に行ったけど、仮設に戻って来る人もいるそうです。

音楽で出来る事はただひとつ。
同じ場所に居ながら、トリップすること。
過去への、未来への、愛への、思いへの。
それが心への優しい薬になりますように。


天気が崩れる前に山を越えよう、と少し早い時間に宮古を発ちました。
辿り着いた盛岡で温麺で打ち上げ。

10455999_744837758927596_3363063980238061534_n.jpg

今回ずっと一緒に私の道を作ってくれたウクレレサポート協会のやまじさん(山本千香さん)、
本当にお疲れ様でした。
ありがとう!!

来年に繋げていこうね。






  

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード