Loading…
 

ウクレレ。こののんきな楽器に出来ること。

Posted by elli on 04.2013 ありがとう! 0 comments
神戸で5年以上前に、一度音響をやってもらった方からメッセージをいただいた。
神戸にある「しあわせの村」という総合福祉公園(http://www.shiawasenomura.org)主導で、
東北に音楽支援という形で小学校や仮設住宅ににライブを届けるというお話。
elli+katz+noryの音楽が、とても合う!というその気持ち一つで連絡をいただいたんだ。
そういうの、すごく嬉しい。

そういうことならと3人とも何とか時間をやりくりして行けることに!
そして、どうせ行くなら皆でウクレレ弾きたい!ということで、
キワヤ商会さんからウクレレを30本お借りする事に。
そして、そのウクレレをウクレレサポート協会さんが車で運んでいただけることになりました。
素晴らしい連携プレー!

1日目は若林区の仮設住宅で、今も避難生活が続いてる方達の前でのライブ。
そこにいる方達は皆、家を流されて、家族を亡くされてる方ばかりです。
そんな年配者の方達も知ってるゆったりした曲を中心にね。

992252_485867051491336_1995397437_n.jpg

1.Mary had a little lamb
2.白馬のルンナ
3.黄昏のビギン
4.そっとお休み
5.<メリーさんの羊、レッスンコーナー>

1057221_485867321491309_1006682088_n.jpg

6.コーヒールンバ
7..I LOVE YOU

<アンコール>
1.また会う日まで
2.魂の降る夜


「黄昏のビギン 」「そっとお休み」は、知ってる知ってる、と嬉しそう。
「また会う日まで」では、大合唱でした。(笑)
ウクレレレッスンコーナーでも皆さんにウクレレを弾いてもらいました。

1009739_559277940780778_1402112939_n.jpg

皆さん、すごく真剣!そんな姿も素敵でした。
終わった後、仮設住宅の会長さんが、「今日は、ばあさん達楽しそうだったな〜。」と。
そう、女性が元気じゃないとね。
おばあちゃん、元気でいてね。そしてもちろん、おじいちゃんもね。


2日目は同じ若林区の東六郷小学校の32名の子供達の前でのライブ。
東六郷小学校の校舎は津波で全壊しています。
今も再建のめどは立っていません。
今は六郷中学校の校舎に間借りして勉強してます。

私たちは8時過ぎには東六郷小学校に到着、早速リハーサルです。

1060506_486284191449622_1799542463_n.jpg

手前にあるのは、お借りしたウクレレ。
このリハーサルの後、9時半からイベントスタート!

elli+katz+noryのライブの前に、小学校のみんなから歌のプレゼントがありました。

1011215_489708434442153_425373887_n.jpg

♪待ってたよ 来てくれるのを待ってたよ♪ 

♪使う言葉は違っても 一緒に歌える歌がある〜♪

っていうような歌詞の歌。
子供の声が、胸にどんどん入って来る。
もう涙を止められなかったよ。
そんな涙をシャツのすそで拭きながらライブはスタート。

ここでのライブは楽しい曲中心にね。

1002975_489708417775488_1676378882_n.jpg

1.Mary had a little lamb
2.白馬のルンナ
3.渚のシンドバット
4.アイスクリームの歌
5.<メリーさんの羊、レッスンコーナー>
6.ヘビーローテーション
7.魂の降る夜

<アンコール>
I LOVE YOU


ここでもウクレレを弾いてもらいました。

1009746_559704494071456_934033541_n.jpg

女の子は真剣そのもの。男の子は、とりあえずじゃかじゃかしたいのね〜。(笑)

1044332_489708461108817_1918899145_n.jpg

1011929_489708471108816_2024920856_n.jpg

楽しくて時間延びちゃったのに、アンコールまでやらせていただきました。
校長先生、ありがとう。

会場から出て行く子供達一人一人とタッチや握手して、又来るね、と。
本当に、また行けたらいいな。

ライブの後、全壊した東六郷小学校を見に行きました。
1階の教室の黒板の上の方にその日の日付3月11日の文字がありましたが、
その文字の足はから下は流れて消えてました。
そこまで水がきたのね。
その日、体育館の2階で子供達は夜を明かしたそうです。
たまたまあった1本のロウソクだけの光で。

そんな苦しく悲しく冷たい思い出を踏み越えて、亡くなった方達の分もたくましく未来を生きて欲しい。
どの子も一人残らず幸せに生きて欲しい。そうじゃなきゃ、ぜったい嫌だ。
そうじゃなきゃ、私が神様をしばきにいく!

ウクレレで何が出来るのか。
それが何かなんて分からない。
ただこの何とものんきな楽器に、私はきつい時、悲しい時、助けられたのだよ。
何だか心がふわっと軽くなる気がするのだよ。
そんな魔法にかかる人が、一人でもいればいいな。
その魔法は、同じ現実の中に居ても、重量感を減らしてくれる。
ちょっと軽くなった心から、夢を見る力は湧いて来るんだ。

IMG_1003s.jpg


  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード