Loading…
 

ゴールデンウィークの下田ライブレポート

Posted by elli on 06.2014 ありがとう! 0 comments
5月4日、5日と下田でライブでした。
遠くから近くから、来て頂いたみなさん、本当にありがとう。
今回は始めて、ハワイアンの曲をいっぱい歌わせてもらいました。
私なりのハワイアン、楽しんでいただけたら嬉しいー。

5月4日は朝、5時半起き!
10時には下田に着くようにね。
下田駅では、まっつんこと、松本ノボルさんが改札で手をふってくれてた。
お出迎え、ありがとう〜。

下田って、かなり独特な地形です。
小さなおにぎりみたいな山が海のきわにぽんぽん置かれてる。
その間に、美しいビーチがあるのです。
そんなおにぎりの1個に車がどんどん上がって行った先に
下田東急ホテルはあります。
そのオーシャンクリフガーデンでのランチビッフェライブです。

皆さん、思い思いの食べ物を持って、
シートを敷いてピクニックランチです。
椅子や机も運んでもらえます。
芝の向こうには青い青い海が見えます。
晴れてます。風は爽やか〜〜。
気持ちいい〜。

今回は始めてハワイアン中心です。
うふ。
私なりのハワイアン、楽しんでもらえたら嬉しいな。
4日はAloha Spoonfulのアコちゃんが何曲か踊ってくれましたよ。
すてきだった。ありがとう。

IMG_1794s.jpg

こんな中での美味しいランチ。
素敵な企画ですよね。


夜は、カフェメローでのライブ。
宿からカフェメローまでお散歩です。
途中で八幡様にお参りしたり、雑貨屋さんをのぞいたり、川にかかる鯉のぼりを見たり。

IMG_1803s.jpg

そして、カフェメロー到着。
ここは以前、鈴木雄大くんのイベントで歌いに来たアーネストハウスに隣接したカフェです。

IMG_1805s.jpg

夕方から人がぞくぞく集まります。
その頃からぐんぐん冷えていきます。
夜はまだまだ寒いんですね。
コートを着てるひとから、半袖の人まで、いろいろ。
とはいえ、子供達は裸足で走り回ってます。
カフェメローの女の子達も、皆素足です。
元気だ〜。

カフェメローでは、1ステージ目は、オリジナルやカバーの曲。
2ステージ目は、ハワイアンをやりました。
ヨーローピアンなブロンドの男の子が、ステージ前で、くるくると踊ってくれたり。〜回りたくなっちゃったのね〜。
ちっちゃいおしゃまさんな女の子が曲の度にステージで踊ってくれたり。〜曲が始まるとじっとしてられないね〜。
素敵なカフェメロースタッフ女性達がフラを踊ってくれたり〜ありがとう〜。
男性スタッフの方も素敵なフラ踊ってくれたり、
皆、素敵だった〜〜。
そして、さいごに「ハワイアロハ」。
自然にお客さんが皆手をつないで知ってる人も知らない人も、皆笑顔で、「オリエ オリエ」と歌ってました。
何だか泣きたい程良い時間でした。


翌日5日の昼は東急ホテルに帰って、ランチブッフェライブ。
この日は朝、東京では大きな地震があったようですが、
私はまるで気が付きませんでした。
伊豆はあまり揺れなかったんかな?
それか、ふかーい眠りの最中だったのかな。

この日はあいにく昼から雨。
屋外にセッティングしてた機材をレストランに移動してのライブになりました。
外はどんどん豪雨になっていきました。
そんな中、来てくれた皆さん、ありがとう。

屋内だったので、ちょっとしっとりめの曲を多くね。
スタンディングでアンコールしてくれた人も居て、嬉しかった。
ここでもさいごは「ハワイ アロハ」で。
この曲は、シンプルだけど、美しいメロディです。
そして懐かしい気がします。
また下田に帰って来れますようにとの思いも込めて。

今回、お世話になったたけしさん&よしみさん、
東急ホテルの渡邊さん、高橋さん、
カフェメローのももちゃん、
薫子さん、
どうもありがとうございました。

そして
いろんなアイディア出して私をナビゲートしてくれたまっつん、ありがとう。
いろいろ間抜けな私をサポートしてくれたまっきー、ありがとう。

今回やった曲は下記です。
順番は毎回直前の打ち合わせでお客さんに合わせて考えるので、
順不同ですが、こんなにやったんだね。

<曲リスト>
I can see clearly now
ブルーハワイ
Kaimana Hila
やつらの足音のバラード
小さな竹の橋
E PILI MAI
月の夜は
ハナレイムーン
ヘビーローテーション
Pineapple Princess
Ka Uluwehi O Ke Kai
オーパパ
Time after Time
Childhood
Like a virgin
Sweet Memories
Superstition
街の灯
Hawaii Aloha




  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード