Loading…
 

ヴィヴィッド・ヴォイスLive Party vol.1

Posted by elli on 25.2010 ありがとう! 0 comments
昨夜は、ぴよぴよ君たちのライブパーティー。
私のところにボーカルレッスンに来てる子達の発表会です。
今回ライブが初めての子から3年目くらいの子まで、様々。

何せ、初めてなんで、分からない事は、スタッフに聞きなさいよ~、と言ってたら、
ははは、いろんな事聞いてる。

PAさんに「中音(なかおと)、どうですか~?」と聞かれて、
「中音(なかおと)ってなんですか?」
とかね。
そっか、知らないか~。

ライブでは、ステージ上と客席とでは、まるで違う音を聞いてます。
まあ、近い事もあれば、かなり遠い事も。
ミュージシャンは、中音(なかおと)と言われるステージ上の音をやりやすくして
演奏するわけです。
そうだよね。ライブの現場に行かないと、そんな言葉分からないよね。

でも、私が何から何まで言葉で教えるより、現場で知っていくのがいいよね。

昨日は、フィギャスケートでは、まおちゃんやキム・ヨナ選手が、
大きなプレッシャーの中、素晴らしい演技をしてた。
それとは比べようもないけど、彼らの人生の中では、
一番の緊張や不安と戦ってたのだと思う。
それをもっともっと体験して、強くなって欲しいなあ。
そして、もっと自分を表現できる人になって欲しい。
それは、プロだアマだ、金になる、ならない、以上に、
何よりも、素晴らしい体験なんだ。
自分と一体になれるっていう、ね。

そして、私も、まだ緊張や不安と戦ってる。
それと戦えるうちは、まだ私も進化できるかもしれないんだ。

==============

ヴィヴィッド・ヴォイスLive Party

at acoustic live bar 七面鳥

出演順) 

1、斉藤圭佑(vo&guitar) with ユカニコ(g)

2、鏑木ゆいこ(vo) with 秋山駿介(p)

3、平山優平(vo&guitar)

4、のばらChang(vo) with kei(b)

5、Funny Freaks = 井上岳士(vo&guitar)&奥松誠(vo&guitar)

vv2
※このライブを切欠に次のライブが決まったタケ

6、ユカニコ(vo&guitar) with 秋元カヲル(g)

vv1
※この1年、めざましくギターがうまくなったユカ

7、e l l i (vo&guitar) with 秋元カヲル(g)

司会:e l l i

vv3
※皆、お疲れ様。始まる前に胃が痛いと言ってた斉藤くんも、終わった後は痛くなくなりました、と。(笑)




  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード