Loading…
 

「ちょいとブルースな夕べ」満員御礼

Posted by elli on 07.2011 ありがとう! 0 comments
sichimennchou

3月5日のライブを決めたのは去年のこと。
大阪のKOUTAROのトリビュートライブで、岩田浩史とMAAと私は3人とも大阪に居た。
MAAのことは、15年くらい前から知ってる。
今より、もっと青年だったかな。
あ、でも、あんまり変わらないかな。
うん、基本、おんなじ。
でも、その大阪でのステージのMAAは、やけにかっちょ良かったのだ。
岩田浩史もそう思ったのかな、あいつ、何とかしようや、ってね。
で、年明けの3月に3人でやろうと決めた。
「ちょいとブルースな夕べ」。

私だけ、どうやってもブルースじゃないけど、
その世界は大好き。
そんな私なのに、なぜかブルースナイトっていう名目でライブやって欲しい、と言われたり、
ブルース・ドック・カフェというブルージーな店のオープニングをまかされたり。
なんとも不思議なんだけど、そんな事もある。

ブルースは、別にしゃがれてなくてもいいじゃん。
と腹をくくってやると、なんだかどうでもいい自由な世界が開ける。

その世界には、沢山のかいじゅう達がいた。
歌わせてもらいながら、その空気を自然に吸い込んできたのかも。
そこではあえて、だれもブルースなんて言葉は使ってなかったけど、
そのくらい自然にブルースだったのだな。

そのかいじゅう達の姿勢は一貫してる。

やり続けること。

一期一会の中で、1つ1つ演って忘れて演って忘れて。
そのうち血になるのを魂は知ってるんだ。
私のこの20年は、そんな毎日だったみたいだ。

2月に病気治療入院&手術が決まった岩田ひろしやんの分も頑張ろう~とMAAと決めて、
内容も考え直した。
ひとつひとつね。
MAAが出来ることをちゃんと分かって、私が何が出来るか考えて、、、。

今回はドラムの薫さん、こんちゃんが、スケジュール空けてくれた。
町田くんも来てくれる事に。
そしてヒロも勝手に行くから気にするな、と。

素敵なかいじゅう達。

助けられました。

そんなかいじゅうの兄さん的存在、岩田浩史ファンの皆さん。
昨日のミクシー日記には、病院からの書き込みがあったけど、
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1684277134&owner_id=244671
彼には、必ずリベンジライブしてもらおうね。
今から楽しみだね!

さて、今回のセットリストは以下の通り。
()の中はメインボーカル名。

えりまー1

1st stage

1 ブルースを唄わないで(elli+MAA)

泉谷しげるの曲。中学の頃から好きだった曲

2 CCらいだー(elli)

大好きなエラ・フェッシュジェラルドのナンバーに勝手に日本詞をつけて歌ってます。
C C Riderは、いとしい人の隠語。

まー1

3 おどろおどろした世界(MAA)

「げげげの鬼太郎」?とおもいきや、「ベム ベラ ベロ」だったね~。

4 クリスタルクリアウォ-ター(elli)

マディーなウォーターになりました~~。
それもまた、いいね~。

5 我輩は猫であるブルース(MAA)

MAA宅のオス猫の歌うブルース。

6 Crazy Love(町田謙介) 

machida

町田くんの声は、特別な響きを持ってる。すごいな~!

7 Nobody knows you
when you're down and out(elli)

ブルースの女王、ベッシー・スミスが歌った歌。
私のは、クラプトンとも付き合ってたと言われるカーラ・ブルーニ のバージョンにに近いです。



2nd stage

1 この大きな空に見守られて(elli)

MAAがこの曲やりましょう、と持ってきたのがELLISのオリジナルのこの曲。
1997年に「邦子がタッチ」という番組のエンディングテーマになった曲です。
まるで違う感じでほんわか。

こん

2 東京キッド(MAA)

ひばりさんの名曲です。いい曲だな~。

3 黄昏のビギン(elli) 

これも、古き良き時代の歌。しみじみ~。
ヒロにBハープで入ってもらった。
最高だな~。

ひろ

4 Hello(MAA) 

大阪で聴いたのはこの曲。
今回私はコーラスやフェイク。 

5 アンブレラ(elli)  

岩田浩史作曲、私が歌詞書いてます。
MAAが、ひろしやんから、これやれ、と指示が飛んでやることに。
ボトルネックがグイグイくる曲です。

6 みんなの願いはただひとつ(elli+MAA+町田)

一緒に歌ってくれてありがとう!

7 Do You Wanna Dance (町田謙介+elli+MAA) 

ここで、ライブは最高潮に~!

3

8 フラグメント(elli)

最新のオリジナル曲。
やる度に、少しづつバージョンアップしてます。

こんかー


encore
RUBY BABY (elli) 

昔からあるブルース曲だと思うのだけど、私が一番聴いたのは、
スティーリーダンのバージョン。
スティーリーダンみたいでは、まったくないですが、、。(笑)

eriri

3

------------------------------------------

出演
Elli (vo&guitar) + 加藤MAA (vo&guitar)
+近藤洋史 (bass)+伊藤薫 (drums)
special guest
町田謙介 (vo&guitar)
西村ヒロ (harmonica)

--------------------------------------------

今回は、立ち見も出て大入満員でした。
座れず苦しい思いをさせてしまった皆さん。
本当にごめんなさい。
でも、すごくすごく嬉しかったです。

また、こんなライブやれるように、
もっとブルースの引き出しを増やしたいな。

「ちょいとブルースな夕べ」第2弾!お楽しみに!!


写真を提供してくれた、でんちゃん、P-Chan、mayちゃん、MAA、
ありがとう!




  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード