Loading…
 

『はじめてのチュウ』

Posted by elli on 14.2011 日々の耳たぶ 1 comments
まだ、1ドルが350円だった頃、
輸出入の仕事してたパパは、アメリカかぶれだった。
年の半分くらいアメリカに行ってた。
まだ日本では売ってなかったフリスビーを毎回買ってきた。
いろんな色のフリスビー。
白いのがお気に入りだった。

パパが出かける時は、玄関で頬にチューをする。
葛飾の田舎の団地が、
今の記憶の中では、とってもステキな場所として残ってる。

今の私より、ずっとずっと若かったパパ。
あの頃のパパに会いたいな。

何だかそんなことを思い出すような、このアレンジ。

団地は高層マンションになったらしい。
パパは、とっくにこの世におさらばした。
私は忘れてた思い出を空に描きながら、
ちょっとにんまりするんだ。


『はじめてのチュウ』
ジャズアレンジバージョン

http://www.youtube.com/watch?v=tyfWM5OBvJ4&feature=related


ついでにパパの写真。
https://picasaweb.google.com/elli3260/FNQrTI?authkey=Gv1sRgCICCxqaOtbX1Xg#5652182363908606786


あちらこちらでアメリカかぶれしていた時代だった気がします。
ちょとそれますが、私は、団地に憧れてました。

それから、1ドルが350円は半端です。
変動相場制導入前は、1ドル360円でした。
2011.09.14 23:00 | URL | まるみ #JyN/eAqk [edit]


  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

elli

Author:elli
1990年4月ELLIS(エリ)の Vocal エリとして Polystar Record よりデビュー。

1991年「うっちゃんなんちゃんのやるならやらねば」のエンディングテーマ『千の夜と一つの朝』が30万枚のスマッシュヒット。
その後も『何もしてあげられない』等美しいメロディーラインとセンシティブな作詞でOL層を中心に人気を博す。
6枚のオリジナルアルバムと2枚のベストアルバム、8枚のシングル CD をリリース。

ELLIS休止後は、近藤洋史をプロデューサーにジャズテイストを取り入れたポップス作りに取り組み、エリ&ペッツジェラートとして2枚のアルバムをリリース。

2005年4月にはelli本人プロデュースでの初アルバム『クリスタル クリア ウォーター』をリリース。

5月には初の絵本『カナリア、どこで鳴く』を出版。

2007年6月鈴木雄大とのユニット「ZEBRA ONE」の1st album『Cross that ZABRA !』リリース。

2008年、ex.子供ばんどの勝誠二、そしてクスタークスタァのノリィと3人のウクレレユニット、エリ+カツ+ノリィで全国ツアー。

2009年、3月4日にエリ+カツ+ノリィの1stアルバム「Recycled l.p.」を発売。全国ツアーや様々なイベントに参加。
8月のバースディライブ時に、8月23日がウクレレの日だと知る。
ウクレレに本気で目覚める。

2014年、NHKみんなのうたにelli+katz+nory「南の島のココナッツ」が登場!
日本のみならず、アメリカでもオンエアー。

2015年、elli solo album「ひつじ雲」リリース。好評を博す。

2016年の今年は、「ひつじ雲の旅」で全国あちこちに歌いに行きます!

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード